シンプルにまとめない図書館:

シンプルにまとめない図書館

世の中からはみ出した両性愛者と同性愛者が語る彼是

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

このブログを読む前に…

雑談

本日は当ブログにご訪問ありがとうございます。

・当ブログは両性愛者(バイ)のShioriと同性愛者(ゲイ)のGasakoの2人で運営するブログです。

・当ブログに関する記載内容は2人が人生を通して感じた事などを心のままに書いています。
このブログに関する一切の内容は、無断引用や転載禁止とさせていただきます。
また、このブログ観覧後にご気分を悪くされましても責任は負いかねますのでご了承のほどよろしくお願いします。

・当ブログの内容は1人の人間として思ったことを綴らせていただいております。
当ブログに記載のあることを観覧者様に押し付けるという意味での内容では一切ありません。
2人が生きている中で感じ、体験し、学んだことや疑問に思ったことを綴っています。
反社会的な内容がある場合があり、また差別的な表現をしているわけではないことを頭に置いておいていただければ幸いです。

・当ブログ管理者Shiori、Gasakoは両者とも無宗教です。

・当ブログの関連で専用ツイッターアカウント・放送(ユースト/ニコ生/ネットラジオ)・メルマガの開設を予定しています。




・当ブログ開設経緯
このブログを開設したのは、世間から少しはみ出た思考の持ち主だった二人がたまたま出会い、話が合い、仲良くなり、もっと自分たちのような考えの人間もいるんだなーと思ってもらいたい(主に自己主張をしたかっただけの人)と思い「じゃあコラム的なの書こうぜ」と勢いで開設しました。

・このブログの内容について
当ブログは社会風刺的な内容や恋愛から雑談、どうでもいい2人の日常の彼是まで様々なことを書いていこうと思っております。このブログの大前提としました「十人十色」という言葉を頭においておいていただければ幸いです。
十人いれば十色。人間は機械ではないので様々な考えを持っていていいと思っております。
(十人十色にもモラルやマナーが必要だと十分心において文章にしています。)

まだ人生上り坂な2人での運営ですので、観覧者様には不快な思いをさせてしまうかもしれません。
ただ、ここの文章は何かを否定するのではなくすべてを受け入れて前向きに生きていきたい、生きたいという気持ちが含まれています。

長くはなりましたが、何時か誰かの心に「そういえばこんな人がいたなぁ」と思っていただけるような文章をかけるよう努めます。生ぬるい目で見ていただけたら幸いです。


2014/02/11




・プロフィール(という名の長い自分語り)・

Shiori→08/27生まれのおとめ座なダメ人間。バイな成人済み。
根っからのオタク気質で多趣味で驚かれる系。性別をよく間違われるけどそれでいい。
異性に生まれたくって母の腹にアレを置いてきたと4歳で迷言を吐き家族友人などを困惑させるダメ人間。
精神病持ちだけど強く生きてるふりをしてお菓子食ってる系。嘘です。現在は5年の付き合いな恋人有。
他所で他名義での活動あり。結構行動派。あ、今「うわー自分でいっちゃったよこいつ」って思ったでしょー。

Gasako→08/26生まれで成人済み。おかまちゃんでいいです。
某県の某大学に一応通ってます。私はインドア派。運動なんて大嫌い。生きて生活することがそもそも運動なので運動はしていますと、声高らかに主張したいと思います。
恋人いない歴年齢な残念な子。別に構わない、孤独に強く生きていこうと勘違いしていくので、そっとしておきなさい。
スポンサーサイト

▲PageTop

誰でも心に九尾を飼っている

雑学コラム

前略 Shiori様


初めに3.11で被害にあわれた方々にお悔やみ申し上げます。
早期復興を願って。


観覧者様お待たせしました。いつも更新が滞ってしまい。大変申し訳ございません。
スランプ気味で中々筆が進まず、もがき苦しんでいました。

「ブログ始めて間もないのに、スランプって言葉使う辺り、文豪きどり?」
「文才も無い、面白味もないつまんないオカマが、怠惰なやっつけ仕事しやがって。」

あると思います。こう言う批判あると思います。
申し訳ございません。

Shioriが更新して、いよいよ尻に火をつけなければと思い、無い頭をしぼって考えました。どうか読んでいただければ幸いです。


私の前回の記事は教育関係についての続きと
Shioriから回ってきた「ストーカーにまで発展してしまう自称盲目の恋をどうおもう?」でした。


では今回はストーカーの方を消化したいと思います。



そうね、私たちにとってストーカーはタイムリーな話題ね。


何が彼ら彼女をそこまでさせるのかしらね。支配欲かしら。幼いからかしらね。
んー心理学者じゃないから、詳しいことはわからないけど、はた迷惑な人達だってことは分かるわね。


「あなたの無言電話に恐怖してる人がいます。」

「あなたの付きまとう行為に恐怖してる人がいます。」

「あなたの脅しに恐怖してる人がいます。」

「あなたの存在自体を恐怖してしまう人がいます。」


ってこのブログで言ってもダメなのはわかってるんだけどさ。


被害にあわれてる方はあなたの都合のいいオモチャではありませんよ。
あなたが好きになった時点であなたの物ではないんですよ。

もし好きを理由にして、やっているのなら、好きな相手に嫌われてしまうのは、とても悲しい事だと思うわ。


早く気づいてほしいわね。


被害に遭われてる方で警察に行こうか悩んでる人は、女性専用の相談ダイヤルも有るみたいだから、1度そこに電話をしてみるのも手ね。1人で悩まず誰かに相談を。


ストーカーについてうまく書けなかったけど、このまま行くとただの感情論だけで終わりそうだから、嘆くのは終わりにして...。



自分なりに考察してみたんだけど、
心の闇がそうさせるのでしょうね。
(抽象的過ぎてごめんなさい。)

ストーカーさんだけでなく、人間である以上誰しもが、心に大なり小なりの闇をを抱えていると思うの。

この心の闇は人間が平等(人間が手にした最初の平等だと私は思う)に与えられた物、誰もが普遍的に持ってるものね。


それでね、
タイトルに九尾と書いたんだけど、これは某週間少年誌の某忍者漫画の物の事を指したんだけど、この漫画の主人公Nは(以下N)生まれて間も無く体に九尾を封印されてしまうんだけど(詳しくは原作をみてね。あ、回し者ではございません。)九尾は忌み嫌われている存在だから、それを体内に宿してると言うことで、国中の人から嫌われ避けられたりしていたのね。

Nは生まれながらに九尾だけど、これ人の心の闇にも置き換えて話ができるよね。

Nは自分の境遇に最初は悪態ついたりしてたけど、自分の夢のためにまっすぐであった。抱えてる物は大きかったけど、逃げないで向き合った。
そしたら、少しづつではあったけど、仲間ができて国の人にも認められ、最近になって九尾とも相棒みたいな感じになったんです。


だからもし、今何かに苦しんでいるなら、逃げずに向き合ってみてほしい。今が無理でも必ず向き合わなければならないときが必ず来るから。
そのときのために力を貯えてほしい。九尾に飲み込まれないように。

飲み込まれたら最後、自分を見失うような犯罪者になってしまうから。



あなたの中で生まれた闇ならば、あなた自身で受け止めて。


そしたらNと九尾の様な関係になれると思う。
なれなくても、折り合いの付いた状態になると思う。


わけわかんなくなるから、ここで終わるわね。


Shioriは何かに飲み込まれそうになったことある?


草々

平成26年3月20日

Gasako

▲PageTop

復興ってなんだっけ

社会風刺

前略Gasako様・観覧者様

連続更新になりますよ。
前回の恋愛の話ね。
今度はもっと深く書いてみようかなぁって思ったけどまたの機会にする。
改めて落ち着いて書きたい。
人間は何があっても愛を求めるのです。

さて、日付は変わってしまいましたが
3.11
これは日本人として決して忘れてはいけない日ですね。

たくさんの犠牲者の方。
たくさんの被災者の方。
心からのご冥福とこれからの復興をお祈りしております。

テレビではたくさんのことが取り上げられていましたね。
俺自身3年前は忘れられない年でした。
裁判に突入前だったんですね。
ちょうど震災があった日が。
何があったかは直接は語りませんが、間接的に今後書いていきたい話題ではあります。
書きたいこと多いなぁ…

さて、話は戻りますが
復興とはなんなのだろう
と疑問に思い、記事にしてみようと思いました。
とても難しい問題だと思います。
いまだに、見つからない行方不明の方々
進まない町の復興
戻りたいのに故郷に戻れない方
そして放射能の問題。

3.11で俺が感じたのは

人間は絶対に自然には勝てない

です。
そうなのです。絶対に勝てないのです。
木々を伐採し町を作り、水を操り、火を使う。
そうしてできた豊かな生活で、忘れがちなことだと思います。
自分も、常々親に言われ続けたことです。
俺ら人間はとってもちっぽけで弱いのです。

すべてを支配し生きる人間は強いつもりだけど。
本当は強くなんてないのです。

便利で豊かな生活になればなるほど
もっともっと
そういいながら、開拓し、発明し、発展させていくのです。
それはとても素敵なことであると同時に大事なことを忘れてしまう麻薬でもあると思います。

自分自身、豊かさにおぼれています。
携帯があり、電気があり。
だから。
忘れたくないと思いました。
本来自然は壮大で豊かですべてだということに。

それを踏まえ原発について思ったことです。
さまざまな意見があるところだと思います。自分の意見は人類のたった1つのちっぽけな意見です。
俺の発言は答えではありません。そこだけを頭に入れて読んでいただけたらと思います。

自分は原発を絶対悪だとは思えません。
前にも述べたとおり人は、豊かさを求め頭を使い開発し、開拓し、また上を目指します。
使い方を間違えると敵になります。
原子力とて自然にできた力に人が手を加え、出来上がったものです。
そして人間は、完ぺきではありません。

俺は、人の起こすミスを悪いことだとは思えません。
完璧な人間など存在しないと思うのです。
人間が作ったものは完ぺきではないのです。
それでいいのです。
1回で完ぺきなものを作ってしまったら人間は考えることをやめてしまうと思うのです。

俺は、その原子力に頼って生きてきた人間なのです。
今更、原子力を悪だと言う権利などないのです。
できるのは、原子力に頼らず生きてきた方々でしょう。

日本では普及していた発電方法です。

そこで何が問題なのか考えてみました。

・原子力を完璧なものと認識していた、させた
・原子力の欠点を探求しきれなかった
・3.11後責任問題になり逃げた部分が少なからずあった

この3点が大きいと思います。
津波さえなければあの原発は持ちこたえただろう、と俺は思いますが。
実際そこらへんは難しい話になるので憶測の話でとどめておこうと思います。

長所があれば絶対に短所が存在します。
それは何にしてもです。
探せばどんなに長所だらけに見えても小さい欠点が1つや2つ見つかります。
いいところばかり見ていると、損をしてしまうし最悪の事態になってしまうかもしれません。
それは、みんなが知ってることだし向き合っていることだと思います。

3.11のあとの対応が東電が自分で自分の首を絞めてしまった、追い打ちをかけてしまったところだと思います。
本来であればあれほどの被害、放射汚染でその場で働いている方々は英雄だったはずです。
それなのになぜああなってしまったのか。

「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ」

ではありませんが、会議室にいた方々が主に、ね。
もっと正直にすればよかったのかと。
それでも、不安をあおってしまうことを考えての行動だったのかもしれませんし。
そこはほんとに何とも言えませんよね。
難しい問題です。

そして最後に思ったこと。

3.11の被災地の復興は進んでいるのか

まだまだだと思いました。
現地に行ってるわけではありませんので上辺だけの戯言かもしれませんが…

本当のゴールは

すべて元通りの生活

だと思います
1人でもつらいと思うのならそれは完全なゴールではないと。
早急な復興が求められる中、すべてがうまく回らない
ことが大きすぎてシナリオを書いても書いてもうまくいかない。
何度も書き直す現状が早く収束へ向かえばと思います。

まだスタートラインで困っている状態だと思います。
被災者の方も頑張らなければいけない状況。
それ以上にもっと国が頑張らなければならない状態だと思います。

来年の3月11日のニュースで今年よりもずっとずっと
元の暮らしに戻れる方々が増えることを祈るばかりです。

正直国の行動の遅さに自分は「こりゃ…被災者の方に対してどうなんだ」と思うことも
ニュースを見る限りでは思います。
液晶には映らない苦労を知らない俺がいうのもお門違いな話なのですが。

改めて被災者の方へ心からのお見舞いと、被害にあわれて亡くなられた方へのご冥福をお祈りして…
すべての方が幸せといえる日が1日でも早く来ますように。

草々
2014/3/12 Shiori

▲PageTop

愛と憎悪と

雑学コラム

前略Gasakoと観覧者様

最近忙しくって更新が滞ってたら観覧数伸びてて笑ったわ。
こんな二人でもイイネしてもらえるのね!

前回のモンスターヘイヘイ記事よかったよ
すごいいいこと書いてあった
あれはぜひいろんな方に読んでほしいわ

今回俺は愛についてでも語ろうかな。
って思ってね。
聞いていただけたらね、ってね。


話は変わるけどね


周りも自分も恋愛には振り回されてるね
これを見てる人でも恋愛に振り回されてる人は多いと思う。

恋愛は人を狂わすとは言ったものだよね

まず恋愛の脳科学的に見てみると面白いよね
最近テレビでもよく取り上げられるよね
ああいうの見るのって楽しいよね

まず、恋愛とはなんぞというお話。
恋愛中の脳では
”セロトニン”
”ドーパミン”
”エストロゲン”
”アドレナリン”
”βエンドルフィン”
”オキシトシン”
”テストステロン”
が分泌されるのです。

麻薬をしている時と同じ快感だそう。

ちなみに恋の賞味期限は”フェニルエチルアミン”の分泌機関が
交際時は”3ヶ月”
結婚後”3年間”
だそう。この期間を過ぎると「あれ?なぜこの人を好きになったのだろう」など思ったりするらしいですよ。
分泌機関を過ぎたにもかかわらず関係を続けられる場合に分泌されるのが”βエンドルフィン”
βエンドルフィンは、安らぎを感じる物質。
一緒にいて安心したりホッとしたりするのはこれのおかげ。

恋愛中の脳は”腹側被蓋野”と”尾状核”がフル回転。

だそうですよ。
これを頭においておけば意中の相手とお付き合いできるかも!

ちなみにフェニルエチルアミンはチョコレートの原材料であるカカオやチーズに含まれている成分。
バレンタインにチョコをあげるのは恋を成就させるためにはとっても有効な行為なのです。

さて、一通り脳科学的な視野からの恋愛を語ったので次は個人的に思う恋愛。

友人が今恋愛ごとで困ってるんだけど。(その友人に相手への好意はなし)
一方的に押し付ける恋はもう恋じゃないし愛でもないと思うのさ。
相手を思ってこその恋愛だし一方的に迷惑がってる相手へ送る愛情は押し付けでしかないし。

俺の場合はある事情で愛情が憎悪に変わったけどね。
人を憎んだり蔑むのは人間の真理だと俺は思うの。
そもそも誰かを蹴落としながら生きてるんだからね。

どこかで読んだんだけど
男の人は失恋を引きずる傾向にあって
女は失恋してもすぐに新しい恋愛に向かう。
ある日突然男が、その女の新しい恋を知ったとき男には憎悪が生まれるし、気になるし。

よくもまあ
「相手が幸せならそれでいい」
だよ!まったくよくねえじゃねえか!って話なんだけどね。
それに拍車がかかって勢いもついてストーカーなんてね。
バカなんじゃないのかと。
それはまあ、実際に第三者として実際に見た光景ね。

恋愛ってとっても動物的なものだと思う。
もう欲望のままに・・・だよね。
それに一度はまってしまったら人間の底を知ってしまうし快感も覚えてしまう。
溺れたら最後。
失ったらまたその快感を求める。
まるで麻薬みたいに。

特効薬がないことが怖いね。

そうやって人間は紡ぎ生きてるんだなぁって感じるよ。

溺れる瞬間が罪なら
その溺れた瞬間から囚人。

恋愛はその人が垣間見れるから見るのは好きだな。
あとバカっぽい恋愛してる人を見るのも好き。
そうやって客観視して自分はどうなんだって話だけど。

俺自身は、もう前の恋愛で痛い目見てるから今のが最後がいいなぁと思う次第。

というくだらないお話でした。

Gasakoはストーカーにまで発展してしまう自称盲目の恋をどうおもう?

草々

2014/3/10 Shiori

▲PageTop

モンスターヘイヘイ

社会風刺

前略 Shiori様


えー読者の皆様、更新が滞り気味で大変申し訳なく思っております。なるべく日を開けないように、更新をしてまいりたいと思いますので何卒、お見捨てにはならぬようお願いいたします。



前回の私の記事、お褒めの言葉をありがとう、Shiori。

前回のShiorhの記事で、教育事情についてどう思うと、投げかけられたので、私の意見を述べたいと思うわ。


まず初めに私ごとき、一介のうんこ学生が教育事情に口を出すあたり、大変おこがましいのですが、一意見ですので
「あぁ、何かなげいてるよ、このオカマ」
位に受け取って頂ければ幸いです。
特に教育関係者様はお手柔らかに!


長くなりそうなので、2、3週に分けてコラムを書こうと思います。


最初はクレーマー問題。

Shioriの記事をみて思ったのは、クレーマーえげつないなって思ったの。

親が他人の家の子の悪口を言ってるとか、愚痴とかならまだしも、子供にいじめを仕向けるとか論外過ぎます。
自分の親がそんなことしてたら、まず自分の一族の血を呪いたくなるよね。

クレーマーって1次被害と2時被害を起こしてしまうとても厄介なもの。

1次被害は、有る事無い事でとりあえず非難や難癖を付ける、めんどくさいやつですね。これは教師の方々がか被害者。

2時被害は、一部声の大きい方のせいで引き起こされた1次被害のせいで、
「これは明らかに、学校側の落ち度」である事を
「教師の方々にクレーマーって思われるのが嫌だな」と言う理由で
苦情を入れない泣き寝入りをする事です。これは泣き寝入りした保護者様が被害者。

クレーマーに思われるか思われないかの、線引きはとても難しいことだから、一概には言えない事だけど、やっぱりそこには、節度が重要になってくると個人的には思うわね。

そもそも、節度のある行動をしていれば、クレーマー認定されることなんて無いと思うのだけどね。

でもここでも落とし穴。
教師がなんでもかんでもクレーマー認定してしまう問題。

クレーマーが多い昨今、教師の方々も、保護者のご指摘やご意見を頂く事があると思うんだけど、
クレーマーが多いと騒がれているからって、その事にあぐらをかいて、正当なご指摘やご意見をクレーム認定するのは、どうかと思います。


長くなっちゃったんでまとめると、

教師の方は「クレーマーが多い事を理由にあぐらをかいたような事はしない。」
保護者の方は「先生も人間なんだから、節度ある行動を心がける」

この二つの前提がなりたって始めて、「お話」がスタートすると思うのよ。

この前提をぶち壊すモンスターペアレンツは「負のスパイラル製造機」認定を私をさせてもらいます。


次回は本題の「教育」について語りたいと思うわ。


それにしてもShioriの中学時代は周りの大人に恵まれなかったね。


草々

平成26年2月22日

Gasako

▲PageTop

Menu

最新記事一覧

プロフィール

ShioriとGasako

Author:ShioriとGasako
両性愛者と同性愛者の日常の彼是
世の中に対しての風刺や疑問、雑談などを自由に綴ってます。

訪問者数

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ツイッター

ツイッターもやってます。

USTREAM

USTREAMでの配信もしてます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。